今回は4回目の鹿児島山形屋さんでの伊勢紀州物産展の為に鹿児島へ。
そして前から行きたかった鹿児島県垂水市にあるわらび粉、葛粉を生産している、廣八堂さんへ。

(null)

(null)
まさか月乃舎の名前が出ていてビックリしました。
この時期は本わらび粉の生産は終わっていて、写真と説明を工場長さんが丁寧に説明して下さいました。

なので本わらび粉の生産中の写真はないんですが…
本わらび粉の元となるわらびは自社で栽培しているそうです。そしてわりと毎年同じ畑で生産してもほぼ同じ様に採れるようです。

そしてここからが大変みたいです。

簡単に言うと歩留まりは3〜6%と言う驚く数字です。
その中から何種類かの本わらび粉を生産。
基本的には色の薄いもの(本わらび粉の中では)が1番手がかかるみたいです。
何故かと言うと色の濃い物にはまだ少し皮などの不純物が入っているからだそうです。

廣八堂さんでは基本的に4種類の本わらび粉を生産、その中の2種類を月乃舎でも使っております。

そして今の時期は葛粉を生産しているところでその工程を見せてもらいました。

月乃舎でも廣八堂さんの秋月と言う葛粉をしようしております。

(null)

(null)
葛の根を周りの農家の方がとってきてくれる物を直接、買い取るそうです。

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)
その葛の根を水洗いし、その後粉砕し、
攪拌して水で葛粉と皮を別けていきます。

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)
そして水で何度も攪拌、沈澱させて不純物を徐々にとっていきます。

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)
最後に、乾燥させて、人の手でしっかり検品して箱詰めです。

ザックリとした説明になりましたが(笑)

今回、廣八堂さんに来たことはとても勉強になりました。

さぁ明日から鹿児島山形屋さんで物産展!
三重から来て鹿児島のわらび粉を使って、鹿児島で実演販売!

廣八堂さんのホームページ

http://www.hirohachido.co.jp